ぴかだんご・のーと

ピカチュウの考察を行なったり、遊戯王についてデッキレシピやメモを残しています。ポケモン関連と遊戯王関連の2つのブログが合併しました。

【ピカチュウ 育成論vol.6】しんかのきせき おだやか耐久型ピカチュウ ウルトラサンムーン

追記:ダメージ計算にピカチュウが受けるダメージの割合を追加。それと修正前、なぜかピカチュウが攻撃を受ける際のダメージ計算が全て「性格補正がかかっていない(特防が1.1倍されていない)」状態であったため、全て修正。実践に深く結びつく部分であるにも関わらず初歩的なミスをしてしまったことをお詫びします。直してて「これ性格補正なくても結構耐えるな」と思ったので、少し防御に努力値振ってもいいかもです。(2018/8/27)

 

両刀型はこちらです。特殊型ピカチュウに「ボルテッカー」を加え、火力を補った型となっています。

 

 

pikadango.hatenablog.com

 

 

 

はじめに

今回のピカチュウの育成論として、私が『ウルトラサン・ウルトラムーン(USUM)』での対戦で使用している「耐久型ピカチュウを紹介します。

 

普段のピカチュウの耐久をご存知の方であれば「耐久型なんて無理じゃないか」と考えるかと思います。しかし意外にも「しんかのきせき」を持つことで想像以上の耐久力を発揮します。

今回は「でんきだま」を持っていないため、アタッカーのピカチュウが有利な相手、例えばギャラドスカプ・レヒレなどに全く勝つことができません。ですが普段のピカチュウとは全く違う立ち回りをしながら、全く違うポケモンを相手にすることができます。例えば「カプ・コケコ」「メガライボルト」などです。普段のピカチュウとはまた違った魅力を感じることができる型です。おすすめです。

f:id:hiroki0080:20180111003534p:plain

引用 ポケモンだいすきクラブ ポケモン図鑑

 

ピカチュウ 耐久型育成論

 

【性格】 おだやか

【特性】 ひらいしん

【もちもの】しんかのきせき

努力値H252 D252 B4(高い順)

【技】めざめるパワー炎 どくどく ねがいごと まもる

 

レベル50 実数値(6Vを想定)


H 142
A 67
B 61
C 70
D 112
S 110

 

【性格の解説】

このピカチュウでんきタイプポケモン全般を相手取ることができます。そしてでんきタイプポケモンは大半が特殊型のため、とくぼうを上昇させることが求められます。以上のことから、性格は「おだやか」で確定です。

 

【特性の解説】

ピカチュウの特性は接触してきた相手を30%でマヒさせる通常特性「せいでんき」と、相手のでんき技を無効化して特攻を一段階アップする隠れ特性ひらいしん」があります。

 

ひらいしん」のメリットとして、相手のポケモンがでんき技を使ってきそうだと感じたときに控えにいるピカチュウを交代で繰り出すことで、無償降臨をすることができます。 そして相手のでんき技を無効化するため、相手はピカチュウにでんき技を撃つことができません。そのためカプ・コケコであれば「マジカルシャインメガライボルトであれば「かえんほうしゃ」などのサブウェポンで攻撃せざるをえなくなります

以上からひらいしんで確定です。 

【持ち物の解説】

ピカチュウの耐久力の源となるしんかのきせき」で確定です。

これ以外の選択肢はありません。「はたきおとす」「トリック」には注意です。もちものがなくなると、皆さんご存知の耐久力になります。

 

努力値の解説】

性格の部分で解説したように、特殊耐久力を極限に高めるためにHPととくぼうに252、余りをぼうぎょに振っています。めざめるパワー炎のため、とくこうやすばやさに振る場合はおうかんを使わないと能力が上がりません。

 

【わざ構成】

・めざめるパワー炎

・どくどく

・ねがいごと

・まもる

 

【技の解説】

耐久型のダメージソースとなる「どくどく」

使った次のターンに体力を半分回復する「ねがいごと」

「どくどく」「ねがいごと」と相性がとても良い「まもる」は確定です。

この技構成にすることで、ほとんどのでんきタイプポケモンを完全に封じることができます。具体的に言うと、相手の攻撃が確定3発だった場合「どくどく」→「ねがいごと」→「まもる」で回復が間に合うため、「どくどく」でもうどく状態にしたら「ねがいごと」「まもる」の繰り返しで勝てます。

「めざめるパワー炎」を採用している理由は、ピカチュウによく繰り出される「ナットレイ」ついでに「ハッサム」に対して有効打となるためです。はがねタイプに「どくどく」は通用しないため、よく刺さります。

ですが「でんきだま」がないので火力にはあまり期待できません。なので他の技との入れ替え候補になります。

主な技候補を紹介します。

 

・ほっぺすりすり

はがねタイプへの交代読みで使うと非常に効果的です。しかしその後ピカチュウのやることがなくなります。後続につながるサポート型としてピカチュウを採用するのなら入れたい技です。攻撃技のため「ちょうはつ」の効果がないのがメリットです。

また「どくどく」と同じく状態異常にする技なので、これを使った相手には「どくどく」を使えないことにも注意が必要です。

 

・めざめるパワー氷

じめんタイプに刺す技です。ふつうのピカチュウなら必須級の技ですが、今回の型では出番がなさそうです。これを撃つなら「どくどく」を使ったほうがダメージソースになりえます。

 

・アンコール

補助技を縛り、相手に交代を強制させることができる優秀な技です。 後続の起点にできますが、攻撃技が一切なくなるので「ちょうはつ」に気を付けなければなりません。アタッカーの印象が強いピカチュウは「ちょうはつ」を全く誘いませんが「しんかのきせき」を持っているとばれた後はめっちゃ使われます。

 

他にもさまざまな技がありますが、この型で入れ替え候補となりえるのは以上でしょう。

 

【ダメージ計算】

相手持ち物補正なしを想定

 

相手の攻撃(右の数字は受けるダメージの割合です)

無補正C252カプ・コケコのマジカルシャイン超低乱数3(28.1~33.8%)

無補正C252メガルカリオはどうだん高乱数2(49.2~59.1%)

無補正C252サンダーのねっぷう確定4(27.4~32.3%)

無補正C252メガライボルトかえんほうしゃ超低乱数3(28.1~33.8%)

特攻特化霊獣ボルトロスのめざめるパワー氷確定5(20.4~24.6%)

特攻特化ポリゴン2のトライアタック確定3(33.8~40.1%)

特攻特化ジバコイルのめざめるパワーじめん確定3(39.4~46.4%)

特攻特化ヒードランのだいちのちから確定2(57.7~69.0%)

 

ピカチュウの攻撃

 

めざめるパワー炎

無振りメガルカリオ確定3

H252ナットレイ確定3

H252ハッサム確定2

 

特殊型のでんきタイプに強いことが、サブウェポンをことごとく確定or乱数3発以下に抑え込んでいることからよくわかるかと思います。基本でんきタイプには負けません。ポリゴン2とも有利に渡り合えます。

 

役割対象 
特殊型でんきタイプ全般、火力の低い特殊型ポケモン


カプ・コケコ

メガライボルト

ボルトロス

サンダー

ジバコイル

ポリゴン2

など

 

非役割対象

上記した役割対象以外のポケモン、はがね、どくタイプのポケモン

ヒードランにはどうあがいても勝てません。

とりあえず、ほっぺすりすりを持っているならほっぺすりすりをしましょう。

 

おわりに

デデンネトゲデマルを育成しているときに「ピカチュウで耐久型ってどうなんだろう、うまくいくのかな」と思い付き「めざめるパワー炎ピカチュウ」の厳選ついでに育成した型です。

正直、ピカチュウに耐久型ができるとは全く思っていませんでした。しかし使ってみると驚くほど活躍してくれました。カプ・コケコやメガライボルトボルトロスが重いと感じている人はぜひ使ってみてはいかがでしょう。

でんきタイプにはめっぽう強いですが、それ以外(特にはがね、どくタイプ)には手も足も出ません。得意な相手を見極めながら運用していくのはいつもと同じです。

ピカチュウを対戦で使う人がもっともっと増えることを願って、結びとさせていただきます。

 

前回はこちらです。

 

pikadango.hatenablog.com

 

 

 

 vol.7 ボルトチェンジ

 

 

pikadango.hatenablog.com