ぴかだんご・のーと

ピカチュウの考察を行なったり、遊戯王についてデッキレシピやメモを残しています。ポケモン関連と遊戯王関連の2つのブログが合併しました。

【デッキレシピVol.1】マスク軸 コンタクト融合 2018.7

 

はじめに

 

今回のデッキレシピは、魔法カード《マスク・チェンジ》 を使用したコンタクト融合軸のネオスデッキです。

コンタクト融合のデメリットである「エンドフェイズにエクストラデッキに戻る」デメリットを《マスク・チェンジ》 を使うことで回避しつつ、追撃またはサクリファイスエスケープを行うことができます。

また、単純に《マスク・チェンジ》 を使用することで召喚できるM・HERO には強力な効果やステータスを持つものが多くいるため、デッキパワーを底上げすることができます。

私が現実において最も愛用しているコンタクト融合デッキです。

では、デッキレシピをどうぞ。

 

デッキレシピ

 

f:id:hiroki0080:20180825180526p:plain

f:id:hiroki0080:20180825180543p:plain

 

f:id:hiroki0080:20180825182548p:plain

 

解説

 

このデッキの主な動き方は二つあります。

 

1つ目はE・HEROモンスターを中心として展開する「HEROビート」寄りの動きです。

「E-エマージェンシーコール」「ヒーローアライブ」などから下級HEROを場にそろえ、ランク4のエクシーズ召喚やリンク召喚を行います。

この時にポイントとなるのが「マスク・チェンジ」へのアクセスです。

「マスク・チェンジ」「E・HERO シャドー・ミスト」の効果により、シャドー・ミストを特殊召喚することでデッキから手札に加えることができます。

そのため、いかにしてシャドー・ミストを特殊召喚するかによって戦線が大きく変化します。

このデッキで採用している方法として、シャドー・ミストが存在する場所ごとに分類すると以下のようになります。

デッキ…ヒーローアライブ、ダイアン

手札…ソリッドマン

墓地…ソリッドマン、死者蘇生、戦線復帰、リビングデッドの呼び声

見てわかるように、ソリッドマンのみ二つの領域からアクセスすることができます。

なので、シャドー・ミストとソリッドマンを併用することでさらなる動きが可能となります。理想的なのは「シャドー・ミストをソリッドマンの効果で手札から特殊召喚」してチェンジカードをサーチ、その後「ソリッドマンや蘇生カードで再利用、二枚目以降のチェンジカードをサーチ」するのがよいでしょう。

実際のデュエルでは「エマージェンシーコール」「E・HERO エアーマン」「増援」などのサーチカードを使用し、シャドー・ミストとソリッドマンの二枚を手札にそろえるような動きをしていきたいです。

 

二つ目はネオスペーシアンとネオスを場にそろえることで「コンタクト融合」を狙っていく動きです。

ネオスペーシアンとネオスを同時にアクセスできるようなカードは、現時点では「E・HERO プリズマー」程度しか存在しません。なのでプリズマーを使用して墓地を肥やしつつ「戦線復帰」リビングデッドの呼び声のような制限のない蘇生カードを用いて墓地から特殊召喚、コンタクト融合をしていきます。

E・HERO ネオスを墓地に送るカードとして、このデッキでは先に述べた「E・HERO プリズマー」を使用しています。プリズマーもHEROの名を持つため、一つ目に挙げたHEROビートのギミックを流用しつつ豊富なサポートカードで場に並べることができます。

一方、ネオスペーシアンたちは「プリズマー」に加えて「コンバート・コンタクト」を採用しています。このカードは自分の場にモンスターが存在しないことを発動条件としますが、手札とデッキのネオスペーシアンを一枚ずつ墓地に送り、二枚カードをドローすることができます。このカードを活用することで手早くネオスペーシアンたちを墓地に送ることができるため、うまく活用するとデッキ圧縮にもつながります。

また、コンタクト融合には「ミラクル・コンタクト」というサポートカードが存在します。このカードは手札、フィールド、墓地の素材をデッキに戻すことでコンタクト融合を行うことができます。非常に強力なカードなので、ぜひ活用しましょう。

そして、このデッキではコンタクト融合体のデメリットを「マスク・チェンジ」を使用して解消することを狙いとしています。コンタクト融合体は素材によって属性が異なるため、チェンジカードによって召喚するM・HEROを使い分けることが可能です。

バトルフェイズにコンタクト融合体で攻撃し、チェンジカードによって追撃を行ったり、効果の対象となったときにサクリファイスエスケープを行ったりと活用法はたくさんあります。

「コンタクト・アウト」も同じような使用感ですが、チェンジカードと異なりエクストラモンスターゾーンを使用しない、再びコンタクト融合を行うことができる、コンタクト融合体を使い分けられる(トリプルコンタクト融合体をコンタクト・アウトによって分解した場合)という利点があります。

 

サイドデッキは気分で入れ替えるカードたちです。

私は個人的な好みで入れていませんが、勝ちを目指すのであれば「M・HERO ダーク・ロウ」を投入すると強力です。

 

おわりに

私が一番愛するデッキです。

よかったら参考にしてみてください。

ネオスを愛する人、ネオスデッキを作成するのに苦労している人のもとに届くことを願っています。

 

HERO最高、デュエル最高!

ガッチャ!楽しいデュエルを!

 

画像引用…

https://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/