ぴかだんご・のーと

ピカチュウの考察を行なったり、遊戯王についてデッキレシピやメモを残しています。ポケモン関連と遊戯王関連の2つのブログが合併しました。

【デッキレシピVol.2】レインボー・ネオス・ワイズマン 2018.7

 

はじめに

 

今回のデッキレシピは、ネオスの融合体の一つ「レインボー・ネオス」と派生形の一つ「ネオス・ワイズマン」を一つのデッキに両立した融合軸のネオスデッキです。

重量級のモンスターが次々と現れる爽快感と圧倒的なパワーが特徴です。

また、ネオス・ワイズマンを使うにあたってデッキに「ユベル」が投入されており、トリッキーな戦法が行えることも利点です。

こちらのデッキは現実において、私が「どうにかしてユベルとネオスを両立させたい」と考え、手札で腐ったユベルをどうしようか迷っていた際「融合を使おう」と思い立ち「ついでにレインボー・ネオスも混ぜちゃえ」と血迷った末に完成しました。

結果、まるで遊戯王GXのクライマックスである「十代(ユベル融合後)VSダークネス」戦の時の十代デッキとよく似た、ネオスの集大成のようなデッキになりました(ゴッドネオスは除く)。

では、デッキレシピをどうぞ。

 

デッキレシピ

 

f:id:hiroki0080:20180826000508p:plain

f:id:hiroki0080:20180826000526p:plain

 

解説

 

このデッキの主な動き方は三つあります。

一つ目はシンプルな「HEROビート」の動きです。

HEROの豊富なサポートカードを活かし、状況に応じて融合召喚、ランク4のエクシーズ召喚、リンク召喚を狙っていきます。

 

二つ目は「ユベル」を主軸とした動きです。

ユベルの大きな特徴として「三段階の進化形態がある」ことが挙げられます。

第一形態はレベル10の大型モンスターですが、召喚条件などが特にないため、蘇生カードで墓地から特殊召喚していくことを狙っていきます。そのため、まずはユベルを墓地に送ることが大切になってきます。

ユベルがデッキにある場合はおろかな埋葬「終末の騎士」の効果でデッキから墓地に送ります。

終末の騎士はHEROと同じく戦士族なので「増援」「聖騎士の追想ゾルデ」などからサーチすることができます。HEROたちはギミックが自己完結しているので、終末の騎士が手札にない場合はできるだけ終末の騎士にアクセスできるよう、汎用戦士族サポートであるこの二枚の効果を終末の騎士に割り当てたいところです。

ユベルが運悪く手札にきてしまった場合は「E・HERO ブレイズマン」などのHEROたちと融合することで墓地に送りましょう。「E・HERO エスクリダオ」はE・HEROと闇属性を素材にし召喚できる融合モンスターです。手札で腐る前に手早く墓地に送れるため、融合することも一つの手です。

 

そしてユベルを墓地に送ったあとはリビングデッドの呼び声」「リミット・リバース」で蘇生します。

ユベルは自身以外のカードの効果によって破壊されることで、第一形態から第二形態に進化することができます。そのためリビングデッドの呼び声」や「リミット・リバース」の自壊効果をトリガーに進化することができます。このデッキに「戦線復帰」が採用されていないのは、自壊効果が存在しないためです。

リミット・リバースは蘇生したモンスターを守備表示にするだけでモンスターもろとも自壊するので、ユベルを進化させるのに最も適したカードです。リビングデッドの呼び声は自ら破壊する効果を持たないので、使用する場合は相手の伏せ除去にチェーンして発動するか、もしくはユベルを蘇生したあと「竜巻竜」の効果でリビングデッドの呼び声を破壊してしまいましょう。

注意点として「神縛りの塚」が発動している間はユベルが効果で破壊されなくなるので、ユベルの効果が無効化されない限り基本的に進化できません。進化させたい場合は第二形態か第三形態になってから「神縛りの塚」を発動しましょう。

また「ネオス・ワイズマン」ユベル第一形態を召喚条件としているので、第二形態、第三形態を素材に召喚することができません。ネオス・ワイズマン召喚を目指すのであれば、条件が揃うまでユベルの進化をとどめておくのも手です。

 

第二形態、第三形態は持ち前の効果でフィールドを制圧します。先に述べた「神縛りの塚」を併用することでより制圧が強固になります。ユベルを使ってチャンスをうかがい、「ネオス・ワイズマン」や三つ目の動き「レインボー・ネオス」召喚を狙っていきます。

 

三つ目は「レインボー・ネオス」召喚の動きです。

「レインボー・ネオス」は「E・HERO ネオス」「究極宝玉神」カードを融合することで召喚することができます。

ネオス自体はサーチカードが豊富で蘇生も行えるため、用意するのは難しくありません。問題は「究極宝玉神」です。

このデッキでは究極宝玉神へのアクセスとして「ドラゴン・目覚めの旋律」を採用しています。このカードは手札一枚をコストにデッキから攻撃力3000以上、守備力2500以下のドラゴン族を二体まで手札に加えられます。このデッキで条件を満たしているのは「レインボー・ドラゴン」「レインボー・ダーク・ドラゴン」「混源龍レヴィオニア」の三体です。基本的には究極宝玉神とレヴィオニアの二体を手札に加えていくことになります。

そして素材が揃ったら、レインボー・ネオスを召喚していきます。レインボー・ネオスは耐性を一切持たないかわり「相手の場のモンスターを全てデッキに戻す」「相手の場の魔法・罠を全てデッキに戻す」「相手の墓地のカードを全てデッキに戻す」という全カードの中でも非常に強力な三つの効果を使い分けられる恐ろしく強いカードです。

このデッキには「神縛りの塚」を採用しているので、ユベルと同じように強固な耐性をレインボー・ネオスに与えることができます。レインボー・ネオスを召喚し、効果を通すことで勝利が一気に近づくといっても過言ではありません。

 

デッキの基本的な流れとしては

①下級HEROで戦線維持。ユベル、レインボー・ネオスを召喚する準備を整える

ユベル進化体を維持しつつフィールドを制圧。可能であればネオス・ワイズマン召喚を狙っていく

③レインボー・ネオスを召喚し、一気に畳みかける

といったところでしょうか。②③は共に「神縛りの塚」を使うことでさらに安定性が増すので、ぜひ召喚に合わせて発動しておきたいところです。

 

欠点として、大型モンスターが多すぎるせいで手札事故がめちゃくちゃ起こりやすいことが挙げられます。ユベル進化体ばかり手札にきたり、ドラゴン・目覚めの旋律を使う前に究極宝玉神が二種類手札にきたり、枚挙にいとまがありません。

どうにかして下級HEROを戦線に出し、時間を稼ぎましょう。あとはデッキを信じましょう。爆発力は途方もなく、うまくいけば「レインボー・ネオス」「ユベル第三形態」「レヴィオニア」が並び、さらに「神縛りの塚」が発動している、というような夢の盤面になることもあります。デッキを信じれば、きっと応えてくれるはずです。

 

サイドデッキは気分で入れ替えるカードたちです。

「エマージェンシーコール」は「ヒーローアライブ」とそのまま入れ替えてしまってもよいと思います。

私は40枚に加え「ハネクリボー」「クリボーを呼ぶ笛」「超融合」を投入した43枚デッキでよく遊んでいます。

「ネオス」「ユベル」「レインボー・ドラゴン」「ハネクリボー」「超融合」と、まさに十代とその仲間たちの絆を象徴するようなカードたちがデッキに結集するところが気に入っています。

「ハネクリボー」は「クリボーを呼ぶ笛」で特殊召喚ができるので融合素材やリンク素材にしやすく、墓地ではレヴィオニアの素材になれるなど、なかなかメインギミックとシナジーがあるので、アイドルカードとして軽い気持ちで投入しても損はないと思います。

 

余談

レインボー・ネオスにはホログラフィックレアが存在します。非常に美しく、イラストの雰囲気とあいまって神々しいオーラを醸し出しています。レインボー・ネオスが好きな人は、ぜひ探してみてくださいね。

 

おわりに

私が愛用するデッキです。

よかったら参考にしてみてください。

ネオスを愛する人、ネオスデッキを作成するのに苦労している人のもとに届くことを願っています。

 

HERO最高、デュエル最高!

ガッチャ!楽しいデュエルを!

 

画像引用…

https://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/