ぴかだんご・のーと

ピカチュウの考察を行なったり、遊戯王についてデッキレシピやメモを残しています。ポケモン関連と遊戯王関連の2つのブログが合併しました。

【ネオスと仲間たちvol.1】N・グラン・モール

 

 

はじめに

 

N・グラン・モールとは、アニメ「遊戯王デュエルモンスターズGX」において主人公の十代が使用したカードの一枚です。

 

f:id:hiroki0080:20180826182201j:plain

効果モンスター
星3/地属性/岩石族/攻 900/守 300
(1):このカードが相手モンスターと戦闘を行う
ダメージステップ開始時に発動できる。
その相手モンスターとこのカードを持ち主の手札に戻す。

 

ネオスペーシアン」のカテゴリに属しており、ほかのネオスペーシアンと比べて汎用性に優れた性能を持つ優秀なカードです。

今回はこのカードについて、ネオス使いの視点から「【コンタクト融合】【Nビート】でどのような役割を担うのか」について考察してみたいと思います。

 

デッキにおける役割

 【コンタクト融合】

まずは【コンタクト融合】における「グラン・モール」の役割について。

グラン・モールは「E・HERO ネオス」とコンタクト融合することで「E・HERO グラン・ネオス」になることができます。

f:id:hiroki0080:20180826182759j:plain

 融合・効果モンスター
星7/地属性/戦士族/攻2500/守2000
「E・HERO ネオス」+「N・グラン・モール
自分フィールド上の上記のカードをデッキに戻した場合のみ、
エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」魔法カードは必要としない)。
1ターンに1度、相手フィールド上のモンスター1体を選択して持ち主の手札に戻す事ができる。
また、エンドフェイズ時、このカードはエクストラデッキに戻る。

グラン・ネオスは「1ターンに1度、相手フィールドに存在するモンスターを手札に戻すことができるという、コンタクト融合体の中でも優れた能力を持っています。

コンタクト融合体の中でモンスターを除去できる効果を持ったモンスターは他に「E・HERO グロー・ネオス」がいるのですが、グロー・ネオスは表側モンスターしか破壊できず、さらに破壊した場合デメリットを背負うという欠点があります。そのため、安定してモンスターを除去できるグラン・ネオスは重要なモンスターといえるでしょう。

また、グラン・ネオスの素材に「N・フレア・スカラベ」を追加することで「E・HERO マグマ・ネオス」を召喚することができます。

f:id:hiroki0080:20180826175038j:plain

融合・効果モンスター
星9/炎属性/戦士族/攻3000/守2500
「E・HERO ネオス」+「N・フレア・スカラベ」+「N・グラン・モール
自分フィールド上の上記のカードをデッキに戻した場合のみ、
エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」魔法カードは必要としない)。
このカードの攻撃力は、フィールド上のカードの数×400ポイントアップする。
また、エンドフェイズ時、このカードはエクストラデッキに戻る。
この効果によってこのカードがエクストラデッキに戻った時、
フィールド上のカードを全て持ち主の手札に戻す。

このカードは召喚こそ苦労しますが、攻撃力の上昇幅が400と高く、「フィールドのカード1枚につき」という緩い条件でパワーアップできます。すでにマグマ・ネオス自身がフィールドに存在しているため、実際の攻撃力は3400+400Xといえます。

また、エクストラデッキに戻った際も「フィールドのカードを全て手札に戻す」という強烈なリセット能力を持っています。

トリプルコンタクト融合体の中でも非常に強力な効果を持ち、デッキのエースとなりうるモンスターです。

 

このように「グラン・ネオス」「マグマ・ネオス」という、コンタクト融合体の中でも強力な効果を持つ二体のモンスターにつなげられるため、相対的に「グラン・モール」も重要なモンスターだといえます。

もういちど、グラン・モールの効果をおさらいしてみましょう。

(1):このカードが相手モンスターと戦闘を行う
ダメージステップ開始時に発動できる。
その相手モンスターとこのカードを持ち主の手札に戻す。

これは、相手のモンスターと戦闘を行った際にダメージ計算を行わずモンスターを除去できる、という意味です。対象をとらないため、近年よくある「効果の対象にならない」耐性をもつモンスターでさえ場から離すことができます。(例・カオスMAX、オベリスク

 

グラン・モールもグラン・ネオスも、両者ともに【コンタクト融合】で手薄になりがちな「効果によるモンスターの除去」を行うことができる貴重なモンスターです。

そのため【コンタクト融合】ではいつでもアクセスできるように「クロス・ポーター」の効果で手札に加えたり「E・HERO プリズマー」「コンバート・コンタクト」の効果でグラン・モールを墓地に送り「ミラクル・コンタクト」の準備や「戦線復帰」などによる蘇生を狙っていきたいところです。

 

 【Nビート】

つづいて【Nビート】について。【Nビート】とは「E・HERO ネオス」をデッキに投入せず、ネオスペーシアンの豊富なサポートカードを駆使して戦っていくデッキタイプを指します。

【Nビート】はさまざまな戦術がありますが、今回はスペーシア・ギフト」「コンバート・コンタクト」を使用し、六種類すべてのネオスペーシアンを採用するデッキタイプを想定しています。

f:id:hiroki0080:20180826193327p:plain

こんなイメージ(私の構築したNビートです)

このデッキでは見ての通り、メインデッキに主力となるエースモンスターがいません。

基本的にエクストラデッキのランク3エクシーズやシンクロ、リンクモンスターを使って戦うデッキタイプです。

 ネオスペーシアンたちはいずれも独特な効果をもっているものの、モンスターを除去するような効果を持つものはグラン・モール以外いません。なので、このデッキでのグラン・モールの役割は「貴重なメインデッキ内のモンスター除去」要因であり、戦線維持に欠かせない存在となっています。

なので【コンタクト融合】で紹介したのと同じく、グラン・モールをカードの効果で墓地に送り蘇生したり、手札に加えて展開することが必要となってきます。

【コンタクト融合】と異なるのは、融合体がいないためグラン・モール自身が場に出て戦う場面が多くなることです。ネオスペーシアンの中でもトップクラスの性能を押し付け、状況に応じて各種エクストラデッキのモンスターの素材にしていきたいところです。

 

グラン・モールは「地属性」「岩石族」のモンスターなので、これらの縛りを持つシンクロ、エクシーズ、リンク素材に用いることができます。

シンクロの例としては「ナチュル・ビースト」でしょうか。

f:id:hiroki0080:20181008114622j:plain

シンクロ・効果モンスター
星5/地属性/獣族/攻2200/守1700
地属性チューナー+チューナー以外の地属性モンスター1体以上
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
デッキの上からカードを2枚墓地へ送る事で、
魔法カードの発動を無効にし破壊する。

 地属性、レベル2のチューナーとグラン・モールシンクロ召喚することができます。

魔法カードを封殺する効果を持ち、攻撃力は控えめなものの制圧力のあるカードです。

エクシーズの例としては「ゴルゴニック・ガーディアン」でしょうか。

f:id:hiroki0080:20181008114922j:plain

エクシーズ・効果モンスター
ランク3/闇属性/岩石族/攻1600/守1200
岩石族レベル3モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。
ターン終了時まで、選択したモンスターの攻撃力を0にし、その効果を無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
また、1ターンに1度、フィールド上の攻撃力が0のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターを破壊する。

グラン・モールを2体フィールドに並べることでエクシーズ召喚することができます。

相手モンスターをフリーチェーンで無力化し、自分ターンでは起動効果で破壊することができる優秀なモンスターです。

リンクモンスターは現在効果的に扱える縛り持ちのモンスターが存在しないので、カードプールの充実を待ちましょう。

一応地属性縛りの「ミセス・レディエント」はグラン・モール2体で出せますが、特筆するほどではないと思います。

 

まとめ

 

今回紹介した「N・グラン・モール」は【コンタクト融合】においても【Nビート】においても大きな役割を担っているため、欠かすことのできない重要なモンスターです。

実戦でもぜひ有効に活用して、楽しいデュエルができるように活躍させましょう。

 

ヒーロー最高、デュエル最高!

ガッチャ!楽しいデュエルを!