ぴかだんご・のーと

ピカチュウの考察を行なったり、遊戯王についてデッキレシピやメモを残しています。ポケモン関連と遊戯王関連の2つのブログが合併しました。

【デッキレシピVol.3】 火力特化コンタクト融合 マスク・ネオスペースなし 2018.7

 

はじめに

 

今回のデッキレシピは、リンク召喚を戦術に取り入れたコンタクト融合です。

コンタクト融合の「エンドフェイズにエクストラデッキに戻る」デメリットを完全に無視し「出したターンに決着をつける」「各種素材にする」ことを目的とした一撃必殺の構築をしています。

また「マスク・チェンジ」を一切投入していないため、アニメの十代が使用したカードがかなり多く投入されています。十代のようなデュエルがしたい人におすすめです。

では、デッキレシピをどうぞ。

 

デッキレシピ

 

f:id:hiroki0080:20180912133748p:plain

 

f:id:hiroki0080:20180912133812p:plain

※「聖騎士の追想ゾルデ」二枚目は使用可能であれば「E・HERO Nebula Neos」にチェンジすると理想的(執筆時は日本では使用不可)

 

カード採用理由メモ

 

モンスター 17枚

「E・HERO ネオス」1枚

→キーカード。二枚あると腐りやすく、コンタクト融合や蘇生で使いまわせるためピン。

「E・HERO オネスティ・ネオス」3枚

→キーカードその2。火力、戦線維持担当。いつでも手札にあるよう3枚積み。

「E・HERO プリズマー」3枚

→キーカードその3。初動で場に出したいため3枚積み。

「E・HERO エアーマン2枚

→過労死。蘇生カードで使いまわす。無制限になってほしい。

「E・HERO ソリッドマン」2枚

→展開要因。エアーマン、プリズマーと一緒に出す。3枚は多いと感じたため2枚。

「E・HERO シャドー・ミスト」1枚

→HEROサーチ。リンク召喚、エクシーズ召喚の素材要因。制限カード

各種ネオスペーシアン 計5枚

→コンタクト融合でデッキに戻せるため全て1枚。手札にきたら即捨てる。グロー・モスは本体、融合体ともに性能がアレなためお留守番。

 

魔法 14枚

「ミラクル・コンタクト」3枚

→最強の融合カード。これがないと始まらない。当然3枚積み。召喚条件を無視して特殊召喚するため、融合体は蘇生制限を満たさないことに注意。

「コンバート・コンタクト」2枚

→手札にきたいらないヤツらを処理。手札入れ替え&デッキ圧縮&墓地肥やし&ドロー。めちゃくちゃ強い。3枚だと多いため2枚。

「コンタクト・アウト」1枚

→バトルフェイズに追撃したり、Nebula Neosを分解してもう一度コンタクト融合したり、リンク召喚の素材にしたり。使いこなすとカッコいい。複数入れても事故の元なのでピン。

「E-エマージェンシーコール」3枚

→プリズマー、オネスティ・ネオス、エアーマンをサーチ。強い。当然3枚積み。

「ヒーローアライブ」2枚

→強い。3枚でもいいが、初手以外に引くと腐りやすいと感じたため2枚。

「O-オーバーソウル」1枚

→ネオスを過労死させる。コンタクト融合のほかにリンク召喚の素材に使えたり、かなり便利なカード。2、3枚積みしてもいいかも。とりあえず1枚。改善の余地アリ。

「増援」1枚

→強い。コンバート・コンタクトと一緒に引いたらアクア・ドルフィンを墓地に叩き込むことはネオス使いの常識。

「死者蘇生」1枚

→強い。GX第一話では十代の初手にあった。押収された。

 

罠 9枚

「戦線復帰」「リビングデッドの呼び声各3枚

→蘇生カード大量投入。多すぎて困ることは一切ない。エアーマンを過労死させたり、リンク召喚の素材をそろえたり、コンタクト融合の準備をしたり、かなり便利。

「神の通告」2枚

→ライフコストのわりにとても強力な効果を持つカード。2枚。

「神の宣告」1枚

→どんなライフでも発動できるカウンター罠。通告と枚数を入れ替えてもいい。エアー・ネオスとは抜群の相性。とりあえず1枚。2枚でもいい。

 

エクストラ 15枚

コンタクト融合体 合計6枚

→ミラクル・コンタクトのため可能な限り投入。ブラック・ネオスは効果がしょぼすぎるためお留守番。Nebula Neosは使ってみるとドロー効果は強いが、火力がないためフィニッシャーに不向きだった。しかし便利であることに間違いないため優先して投入したい(使用できるなら)

エクシーズ 合計3枚

→ダイガスタ・エメラルはかなり便利な効果を持つため、必ず投入したい。カステル、バグースカはパワーカード。アーク・ナイトやダーク・リベリオンも候補。

リンク 合計6枚

→聖騎士の追想ゾルデは下向きリンクマーカーを持つため、初動で出したい。トロイメアたちは汎用性に優れた効果を持つため投入。トロイメア・グリフォンは投入してもいいが、効果的に使える場面があまりなかったため今回は不採用。

 

 

 

戦術解説

 

このデッキの主な動き方は二つあります。

 

1つ目は、E・HEROたちを使用したリンク召喚、ランク4のエクシーズ召喚を軸とした戦線維持です。

「E・HERO ソリッドマン」を利用して手札のヒーローを並べたり「戦線復帰」「リビングデッドの呼び声から墓地のモンスターを召喚、リンク召喚につなげます。

このデッキでは「E・HERO エアーマンを優先的にフィールドに出してアドバンテージを得つつ、蘇生カードで使いまわしていくことでキーカードである「E・HERO プリズマー」「E・HERO オネスティ・ネオス」を手札にそろえていきます。

フィールドにヒーローを並べたら「聖騎士の追想ゾルデ」をリンク召喚、可能であれば「トロイメア・ゴブリン」をイゾルデのマーカー先に召喚、召喚権を増やしつつイゾルデと新しく召喚したモンスターで「トロイメア・ユニコーンをゴブリンと相互リンクになるようにリンク召喚。

こうすることでサーチをしつつトロイメアモンスターがフィールドに並ぶため、ユニコーンの効果で次のターンのドローフェイズに大量ドローを狙うことができます。

万が一トロイメアモンスターが倒された場合はリビングデッドの呼び声などの蘇生カードで場に戻しつつ、さらなる展開につなげたいところです。

 

また、先述したようにこのデッキではプリズマーが重要な役割を持っています。

プリズマーはコンタクト融合の素材である「ネオス」「ネオスペーシアン」の両方にアクセスでき、カード名のコピー、墓地送りによる「ミラクル・コンタクト」の準備をすることができるからです。

「E-エマージェンシーコール」「ヒーローアライブ」「E・HERO エアーマンなどから「E・HERO プリズマー」にアクセスし、ネオスやネオスペーシアンたちを墓地に送りつつ準備をしていきます。

このように戦線を維持しつつ、準備が整ったら2つ目の動きであるコンタクト融合を狙っていきます。

 

2つ目はネオスペーシアンとネオスを場にそろえることで「コンタクト融合」を狙っていく動きです。

コンタクト融合の素材のうち「E・HERO ネオス」は主にプリズマーの効果でデッキから墓地に送っていきます。万が一手札に来てしまったら「トロイメア」リンクモンスターの効果で墓地に捨てます。

ネオスは基本的に墓地送り→蘇生が鉄板です。なので手札に来る前にさっと墓地に送ることが重要となります。

 

一方、ネオスペーシアンたちは「プリズマー」に加えて「コンバート・コンタクト」の効果で墓地に送っていきます。このカードは自分の場にモンスターが存在しないことを発動条件としますが、手札とデッキのネオスペーシアンを一枚ずつ墓地に送り、二枚カードをドローすることができます。このカードを活用することで手早くネオスペーシアンたちを墓地に送ることができるため、うまく活用するとデッキ圧縮にもつながります。

優先的に墓地に送りたいネオスペーシアン

1.エア・ハミングバード

2.グラン・モール

3.ブラック・パンサー

4.フレア・スカラベ

5.アクア・ドルフィン

の順番です。

エア・ハミングバードは最も攻撃力の期待値が高く、一撃必殺のパワーを持つ「E・HERO エアー・ネオス」の素材になることができます。もう一方の融合体「E・HERO ストーム・ネオス」も優秀な効果を持つため、最も優先して墓地に送るべきカードです。

グラン・モールもエア・ハミングバードと同じく、コンタクト融合体の効果が優秀なモンスターです。汎用性の高い効果を持つ「E・HERO グラン・ネオス」エアー・ネオスには劣りますが攻撃力の上昇幅が大きい「E・HERO マグマ・ネオス」大量ドローからの逆転が狙える「E・HERO Nebula Neos」の3つの融合体があり、どれも強力な効果を持っています。グラン・モール自身もネオスペーシアンの中では突出して強い効果のため、手札にいても墓地に居ても困らないカードです。

ブラック・パンサーはグラン・モールと共にNebula Neosの素材になれます。それ以外に利点は特にありません。

フレア・スカラベ、アクア・ドルフィンは余りです。

 

「ミラクル・コンタクト」このカードは手札、フィールド、墓地の素材をデッキに戻すことでコンタクト融合を行うことができます。非常に強力なカードなので、ぜひ活用しましょう。相手と自分のライフ差が開いているときは「エアー・ネオス」フィールドにカードが多い時は「マグマ・ネオス」など、状況に応じてコンタクト融合体を召喚します。

このデッキでは「ネオスペース」「インスタント・ネオスペース」「マスク・チェンジ」などを一切入れていないため、召喚したターンに決着をつけることが求められます。

その時に役に立つのが「E・HERO オネスティ・ネオス」です。

このデッキでは3枚もデッキに投入しておりエアーマン」「シャドー・ミスト」「イゾルデ」「エマージェンシーコール」などサーチ手段も多いため、手札になくて困ることがほとんどありません。湯水のごとく使って相手のライフを削り落としていきます。

「E・HERO ネオス」にオネスティ・ネオスの効果を使うだけで5000もの高打点になれるため、耐性持ちモンスターも戦闘で粉砕していくことができます。

戦線維持に使う以外にも、コンタクト融合体に使うことでとてつもない火力をたたき出すことができます。

例えば「ヒーローアライブ」でライフを4000削った後にエアー・ネオスを召喚したとします。するとライフ差が4000あるため、エアー・ネオスの攻撃力は2500から6500に上昇。オネスティ・ネオスがあれば9000です。

このように極限まで攻撃力を高め、大逆転をするために「オネスティ・ネオス」は重要な役割を果たしています。 

サイドデッキは気分で入れ替えるカードたちです。

 

おわりに

私が愛するデッキです。アニメの十代のような戦い方をしたいときにおすすめです。

よかったら参考にしてみてください。

ネオスを愛する人、ネオスデッキを作成するのに苦労している人のもとに届くことを願っています。

 

HERO最高、デュエル最高!

ガッチャ!楽しいデュエルを!

 

画像引用…

https://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/