ぴかだんご・のーと

ピカチュウの考察を行なったり、遊戯王についてデッキレシピやメモを残しています。ポケモン関連と遊戯王関連の2つのブログが合併しました。

【ネオスと仲間たちvol.3】N・エア・ハミングバード

 

 

はじめに

N・エア・ハミングバードとは、アニメ「遊戯王デュエルモンスターズGX」において主人公の十代が使用したカードの一枚です。

 

f:id:hiroki0080:20181011095327j:plain

 

効果モンスター
星3/風属性/鳥獣族/攻 800/守 600
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。
自分は相手の手札の数×500ライフポイント回復する。

 

ネオスペーシアン」のカテゴリに属しており、相手の手札の枚数に応じてライフを回復する効果を持っています。

今回はこのカードについて、ネオス使いの視点から「【コンタクト融合】【Nビート】でどのような役割を担うのか」について考察してみたいと思います。

 

デッキにおける役割


 【コンタクト融合】


まずは【コンタクト融合】における「エア・ハミングバード」の役割について。

エア・ハミングバードは「E・HERO ネオス」とコンタクト融合することで「E・HERO エアー・ネオス」になることができます。

 

f:id:hiroki0080:20181011095439j:plain

融合・効果モンスター
星7/風属性/戦士族/攻2500/守2000
「E・HERO ネオス」+「N・エア・ハミングバード
自分フィールド上に存在する上記のカードをデッキに戻した場合のみ、
融合デッキから特殊召喚が可能(「融合」魔法カードは必要としない)。
自分のライフポイントが相手のライフポイントよりも少ない場合、
その数値だけこのカードの攻撃力がアップする。
エンドフェイズ時にこのカードは融合デッキに戻る。

エアー・ネオスは「相手と自分のライフの差分だけ攻撃力パンプアップ」の効果を持っています。

コンタクト融合体の中で攻撃力上昇効果を持つモンスターはエアー・ネオスのほかに「フレア・ネオス」がいます。「フレア・ネオス」はフィールドの魔法・罠1枚につき400攻撃力に加算する効果を持っています。

エアー・ネオスは「ヒーローアライブ」や「神の宣告」などのライフを自発的に減らすカードを用いることで、爆発的な火力をたたき出すことができます。

例えばライフ差が4000あったとしたら、エアー・ネオスの攻撃力は2500+4000=6500

という非常に高い攻撃力を発揮します。さらにオネスティ・ネオスの力を借りて攻撃力をさらに上昇させれば、ワンショットキルも可能なほどです。

対してフレア・ネオスはエアー・ネオスと比べてそれほど高い火力を出すことはできません。エアー・ネオスと異なり、手札の魔法・罠カードを伏せるだけでお手軽に攻撃力がアップするという差は存在するので、フレア・ネオスとは活躍できる状況が異なります。そのため、場面に応じて適切に使い分けていくことが肝心です。

また、エアー・ネオスの素材に「N・アクア・ドルフィン」を追加することで「E・HERO ストーム・ネオス」を召喚することができます。

 

f:id:hiroki0080:20181011095514j:plain

融合・効果モンスター
星9/風属性/戦士族/攻3000/守2500
「E・HERO ネオス」+「N・エア・ハミングバード」+「N・アクア・ドルフィン」
自分フィールド上の上記のカードをデッキに戻した場合のみ、
エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」魔法カードは必要としない)。
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に
フィールド上の魔法・罠カードを全て破壊できる。
また、エンドフェイズ時、このカードはエクストラデッキに戻る。
この効果によってこのカードがエクストラデッキに戻った時、
フィールド上のカードを全て持ち主のデッキに戻す。

このカードは召喚こそ苦労しますが、起動効果で禁止カード「大嵐」と同じくフィールドの魔法・罠をすべて破壊する強力な効果を持っています。

また、エクストラデッキに戻った際も「フィールドのカードを全てデッキに戻す」という強烈なリセット能力を持っています。

トリプルコンタクト融合体の中ではフィニッシャーにこそなりにくいですが、一度召喚するだけで2回にわたって場を荒らしていける強力な効果を持ち、優先的に召喚する価値があるモンスターです。

 

このように「エアー・ネオス」「ストーム・ネオス」という、攻撃力の上昇効果と場を荒らす能力の2通りのコンタクト融合体を召喚する条件となりうるのが「エア・ハミングバード」の大きな特徴です。特にフィニッシャー的性質が強い「エアー・ネオス」の素材になれることは特筆すべき点です。

 しかし注意点として「エア・ハミングバード」の持つ効果はライフ回復であり、ライフが低ければ低いほど強さを発揮する「エアー・ネオス」とは噛み合っていないことが挙げられます。「エアー・ネオス」の真価を発揮するのであれば「エア・ハミングバード」の効果を使うべきではないからです。

そのため【コンタクト融合】では効果を発揮せず、コンタクト融合体の素材要因として投入されることになります。手札にきても困るだけなので早急に「コンバート・コンタクト」「E・HERO プリズマー」などの効果で墓地に送り「ミラクル・コンタクト」などにつなげられるようにしましょう。

 

 【Nビート】


つづいて【Nビート】について。【Nビート】とは「E・HERO ネオス」をデッキに投入せず、ネオスペーシアンの豊富なサポートカードを駆使して戦っていくデッキタイプを指します。

【Nビート】はさまざまな戦術がありますが、今回は「スペーシア・ギフト」「コンバート・コンタクト」を使用し、六種類すべてのネオスペーシアンを採用するデッキタイプを想定しています。

 

f:id:hiroki0080:20180826193327p:plain

こんなイメージ(私の構築したNビートです)

このデッキでは見ての通り、メインデッキに主力となるエースモンスターがいません。

基本的にエクストラデッキのランク3エクシーズやシンクロ、リンクモンスターを使って戦うデッキタイプです。

 

 エア・ハミングバードは単体では扱いにくい下級モンスターにすぎないため、各種素材として使用することを目的としていきます。

ただ、攻撃力が800と中途半端な数字のため「デブリ・ドラゴン」のつり上げなどには対応していないのが悩みどころです。なので、主に「クロス・ポーター」などの効果を活かしてフィールドに並べ、別のモンスターと各種素材にしていくことを目指します。

 

エア・ハミングバードは「風属性」「鳥獣族」のモンスターなので、これらの縛りを持つシンクロ、エクシーズ、リンク素材に用いることができます。

シンクロの例としては「クリアウィング・ファスト・ドラゴン」でしょうか。

 

f:id:hiroki0080:20181011100013j:plain

シンクロ・ペンデュラム・効果モンスター
星7/風属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
【Pスケール:青4/赤4】
「クリアウィング・ファスト・ドラゴン」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):レベルの合計が7になるように、
自分フィールドの表側表示の、「スピードロイド」チューナー1体と
チューナー以外のモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。
【モンスター効果】
チューナー+チューナー以外の風属性モンスター1体以上
「クリアウィング・ファスト・ドラゴン」の(1)のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):エクストラデッキから特殊召喚された
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
ターン終了時まで、そのモンスターの攻撃力は0になり、効果は無効化される。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):モンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

レベル4のチューナーとエア・ハミングバードシンクロ召喚することができます。

エクストラデッキから召喚された相手モンスターを無力化する効果を持つモンスターです。

チューナーとしてはNビートのキーカード「クロス・ポーター」や他のネオスペーシアン「グロー・モス」「フレア・スカラベ」を蘇生できる「デブリ・ドラゴン」を用いると召喚しやすいと思います。

エクシーズの例としては「トーテムバード」でしょうか。

 

f:id:hiroki0080:20181011100449j:plain

エクシーズ・効果モンスター
ランク3/風属性/鳥獣族/攻1900/守1400
風属性レベル3モンスター×2
このカードのエクシーズ素材を2つ取り除いて発動できる。
魔法・罠カードの発動を無効にし破壊する。
このカードのエクシーズ素材が無い場合、
このカードの攻撃力は300ポイントダウンする。

エア・ハミングバードを2体フィールドに並べることでエクシーズ召喚することができます。

魔法・罠を一度だけ無効にすることができる効果をもちます。ランク3の中では貴重な無効効果を持っていますが、ステータスが低いので罠などで守ってあげる必要があるでしょう。

リンクモンスターは現在効果的に扱える縛り持ちのモンスターが存在しないので、カードプールの充実を待ちましょう。

一応風属性縛りの「グレートフライ」はフレア・スカラベ2体で出せますが、特筆するほどではないと思います。

あとは種族縛りのリンクモンスターとして「小法師ヒダルマー」がいます。

f:id:hiroki0080:20181011100928j:plain

 リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/獣戦士族/攻1500
【リンクマーカー:左下/右下】
獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター2体
(1):このカードの攻撃力はフィールドの獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターの数×100アップする。
(2):1ターンに1度、自分及び相手フィールドの魔法・罠カードを1枚ずつ対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(3):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、
自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

 このカードは獣、獣戦士、鳥獣を縛りとしているので「ブラック・パンサー」「エア・ハミングバード」を使ってリンク召喚することができます。

書いてあることはそこそこ扱いやすい効果なので、この2体を主軸とするNビートを構築するのであれば投入して損はないと思います。

 

まとめ

今回紹介した「N・エア・ハミングバード」は【コンタクト融合】において強力な効果を持つコンタクト融合体の素材になれる大きな役割を担っているため、重要なモンスターです。【Nビート】では風属性、鳥獣族というステータスを活かし、サポートカードを駆使して強力な効果を持つモンスターにつなげていきましょう。

ヒーロー最高、デュエル最高!

ガッチャ!楽しいデュエルを!