めざせピカチュウマスター! ぴかだんごのポケモンブログ

ピカチュウを愛し、ピカチュウを活躍させるために考察や対戦を行なっています。忙しくて半年ほど更新に間が空いてしまっていたのですが、たくさんの人がこのブログを見てくださっていてとても驚きました。マイペースに再開していきたく思いますので、お付き合いいただければ幸いです。

【ピカチュウ入りパーティ構築vol.1】レッドパーティ(QR有)ウルトラサンムーン

今回使用しているピカチュウの型はこちらです。

 

pikadango.hatenablog.com

 

 

 

 

 

はじめに

今回から、ピカチュウを使用したパーティの紹介を行いたいと思います。

なぜこのような企画を始めたのかといいますと、ピカチュウ育成論やベストフレンド探しの育成論を書いていて「めざめるパワー使用個体が多すぎて、使用するにも厳選がめんどくさそう」「実際どんなパーティで使えばいいのかわからない」と自分で感じたからです。なので、この「ピカチュウ入りパーティ構築」では、紹介してきたピカチュウの育成論を実際に使用したパーティの紹介をしていきたいと考えています。

そして、この企画では今回のような再現パーティや統一パーティ、はたまた私が実際にレーティングバトルやフリーで使用しているピカチュウ入りパーティを紹介していきます。記事の最後にPGLに登録したQRコードを掲載しておきます。使ってみたいと感じたら使ってみてください。

ネタ、ガチ入り乱れた企画になるとは思いますが、よろしければ拝見ください。

レッド再現パーティ(メガシンカあり)

f:id:hiroki0080:20180130210425p:plain

 

【パーティの解説】

 今回のパーティは「金銀」「ハートゴールドソウルシルバー」「ブラック2・ホワイト2」「サンムーン」「ウルトラサンムーン」に登場したポケモントレーナーレッドを再現したものとなっています。彼は初代ポケットモンスターの主人公をイメージしたキャラクターであり、初代のその後を描く金銀においてはジョウトカントーのジム全てを制覇したのちに行ける「シロガネやま」の最奥にたたずんでいる裏ボス的トレーナーです。金銀の手持ちではエーフィ以外すべてカントー地方ポケモンを使用し、ハートゴールドソウルシルバー以降ではエーフィがラプラスになり、現在に至ります。

彼が繰り出す圧倒的にレベルの高いポケモンたち(最も高レベルで、ピカチュウLV88)、それに見合った強さ、そしてサンムーンに登場してもかたくなに手持ちを変えようとしないストイックさ、これらが混ざり合って現在のレッドというキャラクターを形作っているといえます。

そして、今回のパーティは主にサンムーンのレッドを意識したパーティになっています。具体的にいうと、パーティの構成が前述した最新のものになっていること、メガシンカを使うことです。サンムーンのバトルツリー50戦目において、レッドはメガシンカポケモンを使用します。もちろん、その対象はカントー御三家3種類です。なのでメガシンカが可能な御三家を軸にしつつ、他のポケモンでも戦えるようなパーティの構成になっています。

【個別ポケモンの解説】

f:id:hiroki0080:20180111003534p:plain

ピカチュウ@でんきだま 特性ひらいしん

むじゃき 努力値 H20 A172 B4 C108 S204

実数値 113-97-61-84-63-149

ボルテッカーくさむすび、めざめるパワー氷、みがわり

 

育成論ver.1で紹介した両刀ピカチュウです。

今回のパーティでは高火力のでんき技使いがピカチュウ以外いないので、必然的にパーティのでんき技担当になります。基本は初手で繰り出し、相手の初手によって控えに交代か技を撃つかの選択になります。リザードンの存在からステルスロックをよく撒かれるので、積極的に攻撃していって相手の手持ちに負荷をかけていきましょう。

選出の目安は「相手の手持ちにカプ・レヒレなどの水タイプ物理受けがいる」「ピカチュウより遅い相手が多い」などです。

f:id:hiroki0080:20180130213207p:plain

リザードン@リザードナイトY 特性もうか→ひでり

おくびょう 努力値 CS252 D4

実数値 153-111-98-211-136-167

だいもんじニトロチャージソーラービーム、めざめるパワー氷

 

ニトロチャージを搭載したメガリザードンYです。パーティの中核を担うエースポケモンです。主に有利対面からニトロチャージですばやさを上げ、受けにきたボーマンダなどのドラゴンタイプへの有効打としてめざめるパワー氷を搭載しています。メインウェポンとしてだいもんじを採用していますが、これは火力を維持しつつ高負荷をかけられるためです。「かえんほうしゃ」だと倒せない相手ができてしまう、「オーバーヒート」だと撃った後に交代しなければならず、このパーティでは他のポケモンの耐久がギリギリで有用なサイクルが回せないなどの理由から「だいもんじ」にしています。

なお、メガリザードンを選出する際は控えにフシギバナを入れておくことで晴れパーティの流れを作ることができます。その際はヒードランに有効打をもつカビゴンラプラスを連れていきましょう。

f:id:hiroki0080:20180130214402p:plain

ラプラス@じゃくてんほけん 特性ちょすい

ひかえめ 努力値 CD252 B4

実数値 205-94-101-150-147-80

なみのりフリーズドライこおりのつぶて10まんボルト

 

特性「ちょすい」と水・氷による複合タイプから、水タイプにめっぽう強いポケモンです。技の一つである「フリーズドライ」はこおりタイプの技でありながら、水タイプに効果抜群になるという特性を持っています。そのため、ラグラージなどの水・地面に4倍弱点を突くことができます。

持ち物の「じゃくてんほけん」と努力値振りにより、不一致の弱点程度であれば耐えつつ返しの攻撃で大きなダメージを与えられます。具体的にはC252メガゲンガーきあいだまを確定で耐え、C2↑のなみのりで無振りメガゲンガーに98.5~116.2ダメージの超高乱数1です。相手を一体倒したあとは、ついでに上昇したAを活かして「こおりのつぶて」を使っていきましょう。なお、エレキフィールド下カプ・コケコの10まんボルトは流石に耐えられません。すなおに交代しましょう。

それと、メガリザードンと一緒に選出する場合は「ひざしがつよい」状態だとみず技の威力が下がってしまう点にも注意が必要です。

f:id:hiroki0080:20180130215441p:plain

カメックス@カメックスナイト 特性げきりゅう→メガランチャー

ひかえめ 努力値 H236 C252 S20

実数値 184-x-140-205-135-101

ハイドロポンプりゅうのはどうあくのはどうはどうだん

 

いたって普通のメガカメックスです。このパーティではメガリザードンが選出できない時にエースとして繰り出します。高い耐久から様々なタイプの技を撃ち分けられる点が魅力です。すばやさは無振り80族抜き(フシギバナチルタリスなど)にしています。特性メガランチャーによって「はどう」技が1.5倍の威力になるので、実質的にすべての技がタイプ一致になります。といっても元の威力が80程度なので、高火力のサブウェポンと思っておきましょう。

はどうだん」という必中技の存在から、オニゴーリに非常に有利です。オニゴーリがいたら積極的に選出しましょう。

f:id:hiroki0080:20180130220744p:plain

カビゴン@とつげきチョッキ 特性あついしぼう

いじっぱり 努力値 AD252 B4

実数値 235-178-86-x162-50

のしかかり、がんせきふうじ、ヘビーボンバー、じしん

 

高い特殊耐久力を「とつげきチョッキ」でさらに補強したカビゴンです。特殊アタッカーに後出しが安定するほど特防が高いです。C特化カプ・テテフのサイコフィールド下サイコキネシスが26.8~31.9の確定4発なので、カプ・テテフに非常に有利です。このパーティはエスパー技の通りが非常に良いので、カプ・テテフの選出が非常に多いです。なので、テテフが出てきたら後出しでこのカビゴンを繰り出してあげましょう。

また、高耐久から試行回数を多く稼げるので「のしかかり」を採用しています。多少運が絡みますが、麻痺を引いたらラッキーと思いましょう。

ガリザードンを選出する場合でも、メガカメックスを選出する場合でも控えに入れて置くべき圧倒的汎用性を持っています。弱点を突かないと火力不足な感じもしますが、なかなかなかなかなかなかなかなか強いです。

f:id:hiroki0080:20180130221802p:plain

フシギバナ@きあいのタスキ 特性ようりょくそ

ひかえめ 努力値 H124 B12 C252 S120

実数値 171-x-104-167-120-115

ソーラービームヘドロばくだん、めざめるパワー氷、せいちょう

 

晴れてさえいれば「ようりょくそ」によるS上昇、「せいちょう」による火力増強で無双ができる隠れエースです。なおB個体値が30のため一部の努力値が無駄になってしまっていますが、確定数が劇的に変化するわけでもない点と攻撃を何度も受けるような場面があまり考えられない点から放置しています。

基本的にはメガリザードンYの「ひでり」から展開し、最初のターンに「せいちょう」次のターンにようりょくそによる爆速から技を叩き込みます。すばやさ実数値は230になり、スカーフ準速100族を抜けます。準速スカガブには負けますが、そもそもめざめるパワー氷で倒せるので無問題です。

ガリザードンにも書いたのですが、ヒードランに対抗することが全くできないので他のポケモンで処理することが求められます。

【選出の解説】

基本的には「リザードンフシギバナ」それ以外1匹を目安に

ヒードランがいる…カビゴンラプラス

ステルスロック持ちがいる…リザードンフシギバナの選出を控え、カメックス軸にする

 などのように、大まかな選出予想をしながら選出していきます。

パーティの都合上、どうしても一貫性のあるタイプや刺さるポケモンが出てきてしまうので、そこに関しては立ち回りでどうにかすることが求められます。

【このパーティの利点】

ピカチュウの選出機会が多い

・御三家3匹をエースにしているので、カントー地方の冒険を思い出せる

メガリザードンYフシギバナによる圧倒高火力

カビゴンラプラスなどの特殊耐久の高いポケモンによる流し性能

ピカチュウラプラスリザードンフシギバナによる水タイプ包囲網

・カプシリーズにめっぽう強い(コケコ、テテフはカビゴン・ブルルはリザードン・レヒレピカチュウで処理可能)

 

【このパーティの欠点】 

・はがねタイプやフェアリータイプがいないため、メガボーマンダアーゴヨンなどの高速ドラゴンタイプに一貫性がある

ゲッコウガが異常なくらい刺さる(けたぐり持ちならカビゴンラプラスによる受けが成立しない・メガリザードンYとの対面で岩技をぶつけられるとリザードンが倒れてしまう)

・単タイプばかりなため、受けがしにくく数値受けするしかない

・サイクルが回せないため、対面から相手を処理する技量が求められる

・物理耐久が高いポケモンがいない

→全体的に攻めることを重視しているため、守りが苦手であることがわかります。

ドラゴンタイプについては、ニトロチャージでSを一段階上昇させたメガリザードンで対面するようにする、フシギバナラプラスで処理などの工夫でどうにかできます。パーティに氷技持ちが4匹もいるのは、こういったドラゴンタイプによる攻めを抑制する効果を狙っています。

 おわりに(QRコードはこちら)

https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-730B-44B5

はじめてのパーティ紹介でしたが、いかがだったでしょうか?

普段使っているパーティを紹介すると、利点や欠点を自分でも改めて認識することができるため、とても有意義でした。

今後も育成したピカチュウを活かせるようなパーティ編成を紹介していきたいと考えていますので、お待ちください。

ピカチュウを対戦で使う人がもっともっと増えることを願って、結びとさせていただきます。

次回 ver.2 ピカチュウスタンダードパーティ

 

pikadango.hatenablog.com