めざせピカチュウマスター! ぴかだんごのポケモンブログ

ピカチュウを愛し、ピカチュウを活躍させるために考察や対戦を行なっています。忙しくて半年ほど更新に間が空いてしまっていたのですが、たくさんの人がこのブログを見てくださっていてとても驚きました。マイペースに再開していきたく思いますので、お付き合いいただければ幸いです。

【ピカチュウ 育成論vol.7】ボルトチェンジ軸 ひかえめ特殊型ピカチュウ ウルトラサンムーン

一般的な特殊型ピカチュウはこちらです。

 

pikadango.hatenablog.com

 

 

 

 

はじめに

今回のピカチュウの育成論として、私が『ウルトラサン・ウルトラムーン(USUM)』での対戦で使用している「ボルチェン対面調整型ピカチュウを紹介します。

ピカチュウの覚える技「ボルトチェンジ」を使って相手に負荷をかけつつ、苦手な相手からは逃げながら後続につなげていく動きができるピカチュウです。

同じ戦術ができるポケモンに「カプ・コケコ」「ボルトロス」などがいますが、彼らはこだわり系アイテムを使ってボルトチェンジを行う場合、ボルチェンに合わせてじめんタイプや「ひらいしん」を交代出しされると、何もできずに引くしかありません。

ですが、ピカチュウは高い火力を維持しつつ、ボルトチェンジが無効化されても技を撃ち分けることができます。これは先に述べた二体より優れている点です。

f:id:hiroki0080:20180111003534p:plain

引用 ポケモンだいすきクラブ ポケモン図鑑

 

ピカチュウ 特殊型育成論

 

【性格】 ひかえめ

【特性】 ひらいしん

【もちもの】 でんきだま

努力値C252 S252 H4(高い順)

【技】ボルトチェンジ めざめるパワー氷 くさむすび ほっぺすりすり

 

レベル50 実数値(6Vを想定 めざめるパワー氷のためおうかん使用必須)


H 111
A 67
B 60
C 112
D 70
S 142

 

【性格の解説】

このピカチュウは火力に特化し、高威力の技を撃って相手に圧力をかけていくことをコンセプトにしています。そのためとくこうに補正をかけます。

 そして、攻撃技に物理技を使用していないのでこうげきに下降補正をかけても問題ありません。

 以上のことから、性格は「ひかえめ」で確定です。

 

【特性の解説】

ピカチュウの特性は接触してきた相手を30%でマヒさせる通常特性「せいでんき」と、相手のでんき技を無効化して特攻を一段階アップする隠れ特性ひらいしん」があります。

 

ひらいしん」のメリットとして、相手のポケモンがでんき技を使ってきそうだと感じたときに控えにいるピカチュウを交代で繰り出すことで、無償降臨をすることができます。 

これは「せいでんき」にはできない芸当です。

以上からひらいしんで確定です。

 

【持ち物の解説】

ピカチュウの攻撃性能の源となる「でんきだま」で確定です。

これ以外の選択肢はありません。

 

努力値の解説】

性格の部分で解説したように、火力を高めるためにとくこうに252、すばやさを上げるためにすばやさに252、HPを奇数にするためにHPに4としています。

 

【わざ構成】 

ボルトチェンジ

くさむすび

・めざめるパワー氷

・ほっぺすりすり

【技の解説】

コンセプトであるボルトチェンジ

苦手なカバルドンなどのじめんタイプに有効打となるくさむすび

ランドロスガブリアスに致命傷を食らわす「めざめるパワー」は確定です。

 

このピカチュウは基本的に「有利対面ならボルトチェンジ」「有利対面で相手の控えの手持ちにでんき無効のポケモンがいるのなら、めざめるパワー氷orくさむすび」という動きをします。でんき技を通さないポケモンのうちドラゴンタイプには氷技、じめんタイプには草技を撃ち込んで行くことで負担をかけていきます。そのため、この三つの技を確定としています。

「ほっぺすりすり」は自由枠です。他に効果的な特殊サブウェポンがなかったこと、メインウェポンのでんき技がボルトチェンジだけで事足りていること、この二点の理由から自由枠としています。

 

主な技候補を紹介します。

 

10まんボルト

安定感のある主力技です。威力不足で相手にあまり圧力をかけられない点が悩みどころです。

 

ねこだまし

ピカチュウにとって大事な技です。「きあいのタスキ」「がんじょう」を潰しつつ、相手がどう行動してくるかの様子を見ることができます。ですが、これを撃てる場面ならボルトチェンジかサブウェポンを撃つ方がいいかと思います。相手の控えが少ないダメージから降臨してしまう恐れがあります。

 

他にもさまざまな技がありますが、この型で入れ替え候補となりえるのは以上でしょう。

残りは技の名前だけ挙げさせていただきます。

 

シグナルビーム

・なげつける

・エレキネット

こうそくいどう

・わるだくみ

・くすぐる

・でんじは

ひかりのかべ

・ねがいごと

・まもる

エレキフィールド

 

【ダメージ計算】

相手持ち物補正なしを想定

 

相手の攻撃(いつもの)

無補正C252カプ・コケコのマジカルシャイン確定2

無補正C252メガルカリオのしんくうは確定2

無振りカバルドンのがんせきふうじ確定2

無補正A252ミミッキュの2↑かげうち高乱数1(81%)

無補正A252メガメタグロスバレットパンチ低乱数2(10%)

無補正A252変幻自在ゲッコウガのとんぼがえり低乱数1(25%)

攻撃特化カイリューしんそく中乱数1(56%)

攻撃特化霊獣ランドロスのとんぼがえり超低乱数1(6.3%)

攻撃特化マンムーこおりのつぶて確定2

攻撃特化マリルリアクアジェット確定2

攻撃特化メガハッサムバレットパンチ確定2

 

ピカチュウの攻撃

 

ボルトチェンジ

無振りメガギャラドス確定2

無振りカプ・テテフ確定3

無振りミミッキュ確定2

H252テッカグヤ確定2

H252カプ・レヒレ確定2

H252サンダー確定3


めざめるパワー氷

無振りカイリュー ステロ込み確定1

無振りガブリアス確定1

無振りメガボーマンダ確定1

無振り霊獣ボルトロス確定2(C1↑時 超高乱数1(93%))

H252霊獣ランドロス確定1

H252チョッキ霊獣ランドロス確定2

特化HD252メガボーマンダ確定2

 

くさむすび

無振りマンムー確定1

H252カバルドン確定1(62%)

特化HD252カバルドン確定2

 

役割対象 
すばやさ種族値90以下のひこう、水タイプ


ギャラドス
カプ・レヒレ
テッカグヤ

など

 

非役割対象

こだわりスカーフを持ったポケモン

きあいのタスキを持ったポケモン

上記した役割対象以外のポケモン

 

おわりに

 

ピカチュウを軸にした役割論理パーティ(攻めのサイクルパーティ)を構築する際、ピカチュウをどのように活かすか悩んだ末にボルトチェンジ軸が浮かびました。ピカチュウ自体は耐久力がないので基本先発か死に出し運用になります。なので役割論理のめざす形とはかけ離れていますが、うまくピカチュウを中心にしてサイクルが回りはじめると、いつもの対面構築に重きをおいたピカチュウとは違った立ち回りをすることができました。有利不利がはっきりしているピカチュウボルトチェンジは相性がいいのだなと感じました。

みなさんもぜひ、ピカチュウの技に「ボルトチェンジ」を添えてみてはいかがでしょうか。技を一つ変えるだけで、いつもとはちょっと違った立ち回りができるようになりますよ

ピカチュウを対戦で使う人がもっともっと増えることを願って、結びとさせていただきます。

 

前回はこちらです。

 

pikadango.hatenablog.com

 次回 vol.8 なみのりピカチュウ

 

pikadango.hatenablog.com